[PR] アクセスカウンター 企画用ブログ 設定 忍者ブログ

企画用ブログ

名前の通り、企画関連の内容を扱うブログです。

[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔道師企画:フェルノ

verno.jpg







名前 : フェルノ(Verno)
原型/性別 : パルシェン/♀
年齢/身長 : 23歳/168cm
種類 : 赤魔道師
住所/職業等 : ツェツィー/西塔:警護隊長官
一人称/二人称 : 私/貴方、君

「さて、かわいい生徒達に授業をしに行きましょうかね♪」
「あー、疲れた・・・ちょっと寝ます、お休みなさ~い」
「どうしても、というのなら私がお相手致しますが?」
「ティー、もう少し他の人とも触れ合ってみたら?」


フルネームはインフェルノ・I・ソルフィーユ。(Inverno=I=Solfiyu)
普段は基本的におだやかだが、怒る時は怒り、
笑う時は笑うという何とも分かりやすい性格。そして人よりよく寝る。
口調は大抵敬語だが、プライベートや特に親しい人とは普通の口調で話す。

養成学校の生徒達、警護隊のことは家族同然のように考えており、養成学校には時々
授業の様子をこっそり見に行ったり、宿舎の方に遊びに行ったりしている。
昔は自身も養成学校の教官をしていたらしく、たまに自分で授業を開く時もあるが、
いつの間にか舞踊教室になってたり、料理教室に授業が変更されていることも少なくない。

母親が舞踊の教師をしていたこともあり、元々はその後を継ぎたいと考えていたが
魔力が両親以上に優れていたので、両親から警護隊に入らないかと言われ、本人も承諾した。
その後警護隊に入隊し、母親から入隊祝いにもらった扇で戦うようになる。
長官ではあるものの、極力争い事は避けたいと考える平和主義。
ミラージュ、トワイライトとも出来るなら武力には頼らず、交渉で済ませたいと考えてはいるが
中々うまくいかずに悩んでいる。

以外にも甘党で、暇な時は自分でお菓子などを作ってはみんなに振舞っている。
中でもクレープは得意中の得意で、よく自分でアレンジをして作ったりもしている。
逆に普通の料理が苦手で、唯一失敗なく作れるのは玉子焼きだけ。
以前酢豚を作った時、片栗粉と間違えて餅粉を入れてしまい大変な騒ぎになったりもした。
なので、お菓子・玉子焼き以外の料理が出てきた時は要注意。

長官になる数ヶ月前、妹のようにかわいがっていた親戚の子が突然行方不明に。
原因を彼女なりに色々と考えてはみたが、結局の所何も考え付かなかった。
それでもやっぱり放っては置けないので、長官になってからも自分の足で探している。

武器は水玉模様の巨大な扇2本。幼少時代に母から貰った扇を改造した物でもあり、魔法の媒体。
普通に振るだけでも強風で大抵の物は吹き飛ばせるが
フェルノ自身の魔力を付加させることもでき、時たま”吹雪”を繰り出す。
大きさは本人の肩より少し高いぐらい。
ちなみに材質は原型の貝殻とほぼ同じなので、防御力が半端なく高い。
扇は普段イヤリングにしてつけている。

使い魔はジュゴン♀のティスカ。通称ティー。
腰から下げている黒真珠に宿っている使い魔。
首におそろいのペンダントをつけている。
冷静な性格で基本的にフェルノ以外の相手には素っ気無い。
普段は黒真珠には戻らずに水辺にいることが多い。


・容姿補足・
細かい作業をする時以外はいつも黒い手袋をはめている。
髪をまとめている物は金属製。
一番外側の腰布は、薄いながらも意外と丈夫。




~・~・~絡み詳細~・~・~

西塔警護隊 一番隊警護員:リコールさん(プクリン♀)

立場上では部下になりますが、そんなの関係無しに家族のように交流させて頂いてます。
歌がお上手なので、「西塔ねぎらいの会」(自称)では歌い手をお願いしています^^


トワイライト総統:シャレイドさん(ドンカラス♂)

街中でお会いしたらよく世間話をしているご友人です。
フェルノは彼が敵対している所の総統とは知らないので、戦闘時に会っても気づかずに戦ってます(
でも普段は穏やか同士ほのぼのと接してます。
PR

魔道師企画:アリア









名前 : アリア・フェンリル(Alia Fenril)
原型/性別 : ユキメノコ/♀
年齢/身長 : 19歳/163cm
種類 : 赤魔道師
住所/職業等 : ツェツィー/東塔:管理員
一人称/二人称 : 私/君(親しい人は呼び捨て)

「ほらほら、ちょっと失敗したからってそんな暗い顔しない!」
「どこから情報仕入れてきたかって?それは秘密だよ~♪」
「あ、こらネーシュ!噛んじゃだめだって!;」


誰に対しても明るく接する管理員。
いつも明るさが絶えない彼女だが、それには過去が関係している。(下記参照)
陽気な性格で前向き思考。何事に対してもチャレンジ精神旺盛だが、時々失敗することも。

頭脳明晰で魔力もそこそこ高いのだが、戦闘職種ではないので魔力を発揮することはめったにない。
ただ人から乗せられやすい面もあるので、つい調子に乗って魔力を出す時もあるとか。
またどこから仕入れてくるのか定かではないが、かなりの情報通。
時には自分と全く関係のない所の裏情報まで仕入れてくることもあるが、口外することはほとんどない。
ただしそれはあくまで楽園内部の情報だけで、外の情報までは入ってこない。

実は歴史のあるものや古い文献が好きで、暇な時はよく町に出たり図書館に通ったりしている。
自宅にはそれこそ個人で書店を開けるんじゃないかと思うほどの数の本がある。
特に好きなのは国史で内容をほぼ全て暗記しているほど。


使い魔は色違いグレイシア♀のネーシュ。
アリアが生まれた時からいつも一緒の使い魔。
かなり人懐っこく、気を許した人なら誰にでも擦り寄る。
どうやら噛み癖があるらしく、スキンシップのつもりで相手に噛み付くこともある。(もちろん甘噛み)
一応アリアの髪飾りに宿っているが、外に出ている方が楽しいらしく、自分からは戻りたがらない。
アリアもそれは承知しているので無理に戻そうとはしない。
 




~・~・~絡み詳細~・~・~

ツェツィー五丁目:ユークさん(色ブラッキー♂)

ちゃっかりご自宅に居候させて頂いてます^^
ただネーシュが時々石に噛み付くので、少々あちらの手を煩わせてしまってるとかないとか…(
お世話になってるので、もちろんお店の手伝いも時々させてもらってます。


西塔養成学校教官:リオさん(ハクリュー♀)

昔まだアリアが養成学校の生徒だった頃に、よくお世話になっていた方です。
あちらからはよく、昔養成学校にいたんじゃないかと聞かれますが、アリア本人はすっとぼけています。
でも会うたびにいつかこちらの正体がばれるんじゃないかと、内心はらはらしていたり。

WDSB企画:フォル









名前/種族 : フォル/犬
原型/性別 : ウィンディ/♂
年齢/身長 : 23歳/174cm
一人称/二人称 : 俺/お前、君、呼び捨て

「ごめんね…これも俺が生きるためだから…」
「あれっ…前に肉食べたのいつだったっけ…?」
「はぁ…腹もふくれたし…おやすみ…zzz」

うっかりやな性格で昼寝が好き。

うっかりな割には獲物はいつもほぼ確実に仕留めている。
でも肉はたまにしか食べないので下手したら前はいつ食べたのかを忘れるほど間が空くことも。ちょっと天然。
一番好きなのは食事の後の昼寝。特に肉を食べた後の昼寝は本当に気持ちが良いらしい。
寝る時は自分のコートの後ろ側についているフワフワ(原型の尻尾)を枕代わりにして寝る。
結構長めなので枕としては十分。
実はフードも付いているが、被ると実年齢よりも幼く見えるのであまり被らない。

周囲には自分がうっかりやな性格だとはあまり気づかれたくないようで、隠しているつもりらしいがバレバレ。
口調は「…」が多め。普段は一人でぽけーっとしてて何を考えているのか分からない。


獲物を捕る時は相手を麻痺させて捕るのが基本。
だが相手によっては眠らせて捕る場合もある。
羊・鳥の張った結界を破る時は自分の周りに炎をまとわせて突進して破る。
ついでにこの炎はまとわせるだけではなく、相手目掛けて投げつけることもできる。
食べる時は相手の命をもらうと言うことなので、一言相手に謝ってから食べているなど、変な所で律儀。

電脳企画:詩  (終了なされました)









名前/原型/性別 : 詩(うた)/ドータクン/♂寄り
身長/年齢 : 143cm/13歳
所属エリア/役職 : エア・エリア/クラッカー
一人称/二人称 : 僕/君


「僕に…何か用…?」
「怒るって…何?悲しいって…どういう気持ち?」
「君…さっきから…しつこいよ…?」
 

いつも無口で物静か。
存在感も普通の人より薄いので、後ろに立っていても気づかれない時が多い。
だが、その存在感の薄さを生かして、誰も知らないうちに侵入することが出来る。

超能力が普通の人より発達しているおかげで、そのエリア内の人の位置が漠然とだが知ることが出来る。
ただ、分かるのは位置と人数だけで、それ以上のことは実際に見ないと分からない。
アポカリプスに落ちる時も、事前に人の居ない場所を選んで落ちるようにしている。
もし万が一、ガーディアンに発見されても、『トリックルーム』を使って相手の動きを鈍らせてから逃げる。

過去に起こった出来事が原因で、以来笑うことも泣くこともしなくなった、と言うより出来なくなった。
故に目の前で何が起ころうと、自分がどれだけ大怪我しても表情一つ変えない。
しかし、表情が常に同じなので、それが時には非情な悪人に見える時もある。

ライダー企画:アイリス


名前 / 種族等 アイリス / ラティアス / ♀
身長 / 年齢 157cm / 15歳
相棒名 フィエル
一人称 / 二人称 私 / あなた さん付け
役職 ディザスター・サーキット / 情報伝達

「こんにちは♪そろそろあなたの試合なのでお迎えに上がりました♪」
「ほらほら!もう試合始まるから急いで急いで!!」
「ディスクは大事な相棒だからね、ちゃんと整備してる?」
「それじゃフィエル、仕事行っくよー!」

『天真爛漫』という言葉がぴったり当てはまるような、無邪気で活発な子。
喋り方は時々敬語だが基本は子供のような話し方。
まだ年齢は子供だが、時々親のように世話を焼く面も見せる。
責任感も人一倍強く、一度引き受けた仕事は絶対に最後までやり遂げる。

普段からいろんな所を飛び回ってたこともあって、ブリザードスクラッチ以外の地域には土地勘がある。
過去に何かトラウマがあったらしく、どうしてもそこだけには行けないらしい。

両耳につけてる耳あてみたいな装置で無線連絡ができる。
また飛ぶ時にはここからバイザーが出てくる。
バイザーをする理由は、主に飛行時の目の保護もあるが、
各地域の地形図、自分の現在地、雲の動きが必要に応じて表示される。

戦闘の心得が無いに等しいので、基本『逃げるが勝ち』の戦法を取っているが、
それでも逃げ切れない場合や、本当に急ぐ必要がある場合に限り、
自身の魔力を消費して超高速で飛ぶことができる。
ただし、使った分だけの疲労が後から来るので、飛んだ後は寝ることが多い。

伝達の仕事に就いた理由は、数年前から行方不明になっている兄を探すため。
自分が仕事が出来るぐらいまで大きくなったら、兄と一緒に仕事をしたいと思いながら
日々努力をしていた矢先に起きた突然の失踪。
それからはずっと、仕事をしながら各地を探し回っていた。


相棒『フィエル』

アイリスがまだ幼い頃に兄からプレゼントされたディスク。以来どこに行くにも一緒。
別にただ飛ぶだけなら、アイリス自身の魔力だけでも十分だが、
長時間飛ぶためにはフィエルが必要不可欠。
スピードも結構出るので、万が一襲われた場合でも大抵は逃げ切れる。
普段は単なる布のため、スカーフみたいに垂れているが、
作動させた時に材質が変化して飛べるようになる。

HOME 次のページ

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
永月 冷
性別:
女性

最新CM

忍者ブログ [PR]